INTERVIEW
コトブキ技研は「粒」ぞろい

HOME > 社員インタビュー > 清川 正法

多くの社員とかかわるため、みんなで仕事をしている一体感を感じながら仕事が出来ています。

産業機械事業部  管理課

清川 正法

2011年入社

広島県出身 / 広島県立安芸府中高等学校卒業

趣味:サッカー観戦、ゴルフ、読書

先輩からのメッセージ

01.仕事内容とやりがいを教えてください。
仕事内容は事業部運営が主な役割です。
月末、期末など節目で必要となる数字の集計や資料作成。各部署の業務遂行に必要となる情報の提供・管理、各種事務手続きなどを行っています。

多くの社員とかかわるため、みんなで仕事をしている一体感を感じながら仕事が出来ていることがやりがいですね。
02.コトブキ技研工業に入社を決めた理由は何ですか?
長く接客業に携わっており、全く異なる業種にチャレンジしたいという思いがあり志望しました。
業界未経験の私に対して、興味を示してもらい、また採用の動きも迅速でした。
会社に訪問した際の社員の対応がにこやかでとても印象深く、この会社でともに働いてみたいと感じました。
03.私の入社1年目を振り返って
別業界からの中途採用であり、一般的な会社員とは、日々どのような業務を行っているのかイメージがない状態で仕事をスタートしました。入社当初はとにかくできる業務を増やしていくことに必死でしたが、いつかはできるようになると常に自分に言い聞かせながら業務にあたりました。

失敗談は業務メールで添付を忘れたり、資料作成において誤記脱字があったりなど他にも多々ありましたが、失敗から学ぶことも多く、同じ失敗を繰り返さない意識づくり、また、繰り返さないための工夫など、現在では様々な業務に活かすことが出来ています。

新入社員の方へ伝えたい事は、初めてのことだらけでおぼえないといけない情報量も多く混乱するかもしれませんが、シンプルな姿勢で業務にあたることをお勧めします。
まず一に、出来ることに真摯に取り組む。二に、失敗した際は対処方法を学ぶ。
それらを継続していけばいつの間にかある程度の業務をこなせるようになると思います。
04.私がこれから磨きたい成長の「粒」
「より良く」をモットーにしています。
単純作業や問題なく進行できている業務であっても、より早く、より効率的になど改善できる余地は必ずあるので、常に「より良く」を意識し、方法を考え、実行することで、自分自身のレベルアップを図っています。
結果として部署業務の改善、ひいてはより良い会社づくりにつながればと考えています。
05.コトブキ技研工業のここがいいとこ!
様々な個性の集まった会社ですが、目標に対し一致団結できるところがいい!

ある一日のスケジュール

09:00
出社
メールのチェックや業務のスケジュール修正などをします。
部下への業務指示を行います。
09:30
問い合わせ対応
業者への問い合わせ対応、社内問い合わせ対応を行います。
11:00
業務打合せ
上司や部下と業務の方向性やスケジュールなどを協議します。
12:00
ランチ
ニュースを見ながら食事をします。会社で注文できる日替わり弁当を食べています。
12:45
メールチェック
こまめにメールをチェックします。
緊急の問い合わせ、手続きに時間がかかる業務など、優先順位を修正します。
15:00
業者打合せ
カレンダー作成、リース案件など必要に応じ各業者と社内で打合せを行います。
16:00
資料作成
受注、売上、経費など数字に関する集計を行い、資料にまとめます。
17:30
進捗確認
部下の業務進捗を確認します。
翌日以降の業務スケジュールを調整します。
18:00
退社
多少残業をすることもあります。まれに上司や同僚と食事に行くこともあり、楽しんでいます。
週末は主に家族で過ごしています。

RECRUIT

あなたの「粒」を磨きませんか
あなた自身の個性やスキルの「粒」をここで極めて欲しい!