INTERVIEW
コトブキ技研は「粒」ぞろい

HOME > 社員インタビュー > 奥村 憲紀

将来会社にとって無くてはならない粒の一つとなりたい

業務部  総務課

奥村 憲紀

2014年入社

広島県出身 / 広島経済大学卒業

趣味:バスケットボール、スノーボード

先輩からのメッセージ

01.仕事内容とやりがいを教えてください。
私の主な業務は、採用計画の立案、会社説明会の運営、応募者への連絡、求人票作成など、採用活動における業務を全般的に行っています。応募者から「奥村さんの対応で、この会社に対する印象が良くなり志望しました」と言っていただけることがやりがいに繋がっています。
その他にも社内イベントの運営、会社規約の改正など幅広く業務を行っています。
02.コトブキ技研工業に入社を決めた理由は何ですか?
「縁の下の力持ち」になれる仕事に興味があった中で就職活動を行っていたところ、「管理事務職で将来の幹部候補」といったコトブキ技研工業の求人内容に目が止まりました。
ただ、コトブキ技研工業が携わる業界については全くと言っていいほど知識がなく不安しかありませんでした。
実際に会社説明会で話しを聞いてみると、採用担当者の温かな雰囲気や親身になって話しを聞いてもらえる対応に惹かれ、「ぜひ当社に若い風を吹かしてほしい」と言われたことが決め手となり志望しました。
03.私の入社1年目を振り返って
入社当初は取り扱う製品、業界について理解するのに苦労しました。
社内で飛び交う専門用語に戸惑う日々で何事にも余裕がなく、「報・連・相」を怠ったり、小さなミスを繰り返したりしました(今となっては懐かしい思い出です)。
皆さんも当社のことを調べた結果、よく理解できず不安が募る一方ではないでしょうか。でも心配はいりません。
この業界ついて私だけではなく今在席している社員の大半が右も左もわからない状態で入社しており、皆さんと同じ思い・感覚を経験し成長しています。
自分は他の人と比べて能力が低いなどと悲観することなく、わからないことを蔑ろにせず素直に先輩・上司に質問することが確実に一歩ずつ成長できる大切な姿勢だと思っています。
わからないことをわからないと言える勇気があれば、皆さんにとって良い方向に進むと信じています。
04.私がこれから磨きたい成長の「粒」
入社してから年数が経ち、もう新入社員とは言われない立場となりました。
ですが、総務課として必要な知識がまだまだ足りず、行える業務の幅が狭いと自覚しています。
特に労務、法務に関する知識をこれから身につけていくことで、将来会社にとって無くてはならない粒の一つとなりたいと考えています。
05.コトブキ技研工業のここがいいとこ!
地方の企業ならではの人情味溢れる温かい社風が好きです。
資格取得支援で最高100万円の報奨金が支給される企業は、当社以外では滅多にお目にかかれないと思っており、それだけ社員のことを想ってもらえていると実感できます。

ある一日のスケジュール

09:00
出社
メール、スケジュールのチェックを行います。
09:30
採用活動
応募者からの問い合わせ対応、会社説明会の準備、選考会の日程段取りなどを行います。
12:00
ランチ
会食場にて先輩・上司と談話で盛り上がりながら食事をします。
13:00
採用ツールの強化
採用活動で使用する会社パンフレットや説明会資料などを見直し、再度デザインを考案します。
採用活動の業務が落ち着き次第、その他の業務(社内イベントの準備、規約改定など)に取り掛かります。
15:00
メールチェック
こまめにメールチェックを行い、問い合わせの有無を確認します。
17:30
進捗管理
その日に行った業務の進捗状況を確認し、翌日の業務スケジュールを計画します。
17:45
退社
週末は先輩・後輩たちと食事に行くことが多々あります。

RECRUIT

あなたの「粒」を磨きませんか
あなた自身の個性やスキルの「粒」をここで極めて欲しい!