INTERVIEW
コトブキ技研は「粒」ぞろい

HOME > 社員インタビュー > 竹中 健二

自分が思い描いたモノを"0"から実現できる職場

産業機械事業部  開発部 開発課

竹中 健二

2015年入社

広島県出身 / 広島国際大学卒業

趣味:釣り、まったり田舎巡り、音楽鑑賞

先輩からのメッセージ

01.仕事内容とやりがいを教えてください。
私の主な仕事内容は2つあります。
1つ目は、産業機械の開発設計です。
主には、お客様のニーズに合わせて、「石を砕く破砕機」、「鉱物を脱水する脱水機」、「廃コンクリートから再利用骨材を取り出すリサイクル機」の開発・改良・設計を行っています。
一連の流れとしては、「①お客様のニーズに合わせて開発設計 → ②予備試験(各基本動作等の確認)→ ③デモ機作成→④本試験、改良、再試験 → ⑤実機の設計・製作→ ⑥納入、最終性能確認」です。
新しい機械開発や既存機の改良では、しっかりとした意見や目標をもっていれば反映してもらえる会社なので、自分が思い描いたモノを実現できます。これが成功し、世の中の役に立てていることを実感できると大変やりがいを感じます。
また、気が遠くなるようなことや結果に繋がらないことばかりで遠回りしているような毎日ですが、同じ日は一日も無く、大変充実した日々を過ごせていることもやりがいのひとつです。
2つ目は、機械販売に伴う性能確認試験です。 
機械に投入する原料やご希望の製品を目標に運転設定を行い、数パターン試験運転します。
その後、結果を基に報告書を作成し、お客様へ提出し、打合せ・質問対応・再試験を行います。
試験は販売に繋がる大切な仕事の一つなので、お客様に満足いただける結果を出し、お客様の笑顔や驚いた顔を見たとき、機械が売れたときに喜びや達成感を感じます。
02.コトブキ技研工業に入社を決めた理由は何ですか?
理由は2つあります。
1つ目は、機械の設計・製造から販売までを行っており、それに携われるということ。
就職活動の際、機械設計の会社を色々調べ、何かの一部を専門につくる会社はたくさんありました。しかし『0から完成まで携われる』ところはなかなか見つからず、これを追い求めた結果、実現できるのがコトブキ技研工業だったからです。
2つ目は、全く知らない業種にも関わらず、身の周りで活躍している業界だったということ。
呉市の合同企業説明会で機械設計関連の会社を探している最中、たまたま縁があり、説明を受けたことがきっかけでした。その時の説明は、機械を紹介する動画や機械で処理された製品の実物を用いたもので、不思議とスッと頭に入り込みました。
「砕石業界」という初めて知る業界の内容でしたが、機械で処理された製品は建造物や道路等を創るには欠かせない一部(骨材)だと知り、この業界に大変魅力を感じると同時に親近感が沸き、入社しました。
03.私の入社1年目を振り返って
私は入社当初から、変わらず心がけているモットーがあります。
それは、「何に対しても、ひたすらひたむきに諦めず、最後までやり遂げる」ことです。
一年目の私は知らないことに対して、恥ずかしさがあり、知ったかぶりをすることが多々ありました。
1人で考え、調べ、悩み、試行錯誤を続けることは大切なことですが、調べて分からないこともあり、大変非効率なことを身をもって痛感しました。
聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥とは言いますが、正にその通りでした。
この経験から、学んだことは「見栄を張らない」です。
これは、時に恥ずかしく勇気がいることですが、見栄を張るより、ありのままの自分でひたすらひたむきに頑張っていれば、周りの方は見ていてくれているので、手を差し伸べてくれ、必ず結果に繋がります。
幸いにもコトブキ技研工業は、入社時にスキルがなくても周りの先輩方がサポートしてくれる良い環境です。
現在の自分に自信が無くてもぜひ挑戦してみて下さい!(もちろん努力は必要ですが!)
04.私がこれから磨きたい成長の「粒」
職務については山ほどの課題がありますが、「会社を担う意識をしっかり持つこと」が全ての根底であると考えています。
私は入社当時から、先輩方に磨かれる立場に身を置かせてもらっていますが、いつまでも磨いて頂けるわけではありませんし、頂くわけにもいけません。後輩を磨く立場になり、私の世代から次の世代へとしっかり会社のバトンを受け渡していく必要があります。
また、同世代で切磋琢磨を意識し合えるように努力を続けたいとも考えています。これにより、今よりも更に良い会社にできると確信しています。
当社の製品の磨砕機で例えるなら、扁平粒や尖った粒でも、自生破砕により粒同士が磨かれ合えば、鋼板で叩かれた粒より、ピカピカで丸くなった良い粒が出来る理屈と同じだと思っています。
これからがスタートという若い方(粒)は大歓迎です!
05.コトブキ技研工業のここがいいとこ!
会社を良くしよう、良いもの造ろうという気持ちが一丸となっているため、どんな些細な事でも一人一人の意見を尊重してもらえるところです。
また、アットホームな雰囲気で、育児休業制度を気兼ねなく利用でき、子育てしやすい環境です。
他にも、様々な資格の取得支援及び報奨金制度もあるので、実現したい産業機械があれば、自身のスキルアップも兼ねて開発部をおすすめします。

ある一日のスケジュール

09:00
出社
メールのチェック及び一日の予定の再確認・調整を行います。
09:15
開発業務
開発機械の設計・製図及び開発・改良部品等の検討を行います。
12:00
ランチ
愛妻弁当を食べ、仮眠をとり、英気を養います。
好きな食べ物はハムエッグ、エビ天うどん・そばです。
仮眠をとらずに音楽を聴いてアドレナリンを出すこともあります。
13:00
試験業務
お客様からご依頼頂く試験や、開発機の試運転を行います。
15:00
資料作成等
試験や試運転結果をまとめます。
17:00
報告・打ち合わせ
まとめた資料を基に、上司に報告・打ち合わせを行い、次なる目標・課題を模索します。
18:00
退社
帰宅して娘をお風呂に入れ、晩御飯を食べながらたわいもないことで談笑し、娘と遊び、寝かしつけます。
つらい時もありますが、妻と娘のお陰で毎日頑張ることができ、本当に感謝しています。

RECRUIT

あなたの「粒」を磨きませんか
あなた自身の個性やスキルの「粒」をここで極めて欲しい!